2/25 安全運転管理者協会からのお知らせ

交通事故は未然に防げます。
             事故を起こさない
             事故に巻きこまれない
             運転を心がけましょう。

上の図は、注意力配分テストです
0
から出発し48までの数字を順にたどって行きそのタイムを測るテストです。

年齢によって時間は異なりますが、何回やっても大体同じタイムになります。

 

230秒位が標準値だそうです。

このテストの様に事故に結びつく要因がどこに隠れているか注意しながら運転することが求められます。

自分の運転注意力の度合いを常日頃から把握しておくことで事故の発生を未然に防ぐことができます。

さあ、自分の注意力がどのくらいか早速測ってみましょう!

 

1分59秒以内・・・・・・優

2分~2分30秒・・・・・良

2分31秒~2分59秒・・普通

3分台・・・・・・・・・・劣る

4分以上・・・・・・・・・改善

1/30 エコキャップ活動

「エコキャップ活動」とは、不要になったペットボトルのキャップを外して集め、再資源化し、これを原資に発展途上国の子供達にポリオワクチンを提供しようという活動です。
ペットボトルのキャップを中心に、環境問題、資源の再利用、福祉ボランティア活動、地域の活性化といった幾つものテーマにどなたでも簡単に参加でき、社会貢献できる取り組みです。
ゴミとして焼却処分してしまえば、1kg(430個)で3,150kgのCO2が発生しますが2kg(860個)で1人の子供の命が救われます。

活動内容
当社グループでは事業系資源ゴミのペットボトル回収時にキャップを分別して回収しています

活動の実績
これまで9ヶ月間で累計181,598個、217.4人分のワクチンを購入でき、1369.9kgのCO2削減に貢献できました

http://ecocap.or.jp/
エコキャップ推進協会


10/3 地域の防災ネットワークに参加しています。

地域の防災訓練に当社グループからパッカー車とバキューム車が参加しました。
災害時における生活廃棄物の収集運搬を支援する防災協定に基づくものです。
8月19日に行われた入間市の防災訓練に参加しました。
8月25日に行われた狭山市の総合防災訓練に参加しました。