徳島県内で浄化槽の法定検査4割受けず、受検者から不満や疑問の声

徳島県では2017年度の法定検査率が57・9%に留まっていることが分かった。保守点検や清掃料金のほかに検査料として5000円を支払わなければならないため、受けている人の不満は大きい。未受検者に対しては、県環境技術センターが電話や訪問で督促しているほか、県が文書で指導しているが、不公平感が生じている状況が続いている。(徳島新聞 1/11)

オリジナルサイトで読む