日大工学部がトイレ浄化槽の排水を高度処理できる多層式花壇を開発

日本大学工学部は浄化槽の排水を高度処理する多層式の花壇を製作し、福島県葛尾村に据え付けした。浄化槽排水は、窒素やリンを多く含んだ処理水を放出している場合もあり、環境に影響を及ぼす問題があった。この花壇の浄化作用を利用することで大規模な処理施設を使わずに排水を庭の散水などに再利用できる。

(日本経済新聞12/5)

オリジナルサイトで読む